「フラットフォーム」フル活用術12

「ランチ会」「食事会」「飲み会」は発見と「面」作りのチャンス

 プラットフォームの内外で実施されるセミナーやシンポジウム、勉強会、ミーティングなど、正規の活動プログラムに「お勉強モード」で参加していると、情報を吸収することに重きを置きがちになります。いつの間にか受け身の「インプット」型の活動が支配的になってしまいます。もちろん有益な情報を体系的に学んでいくことはとても大切ですが、事業の規模や種類の別を問わず、起業・創業を志すには「ゼロ」から「1」を生み出すような、発信型、「アウトプット」型の動きも必須です。

 では、「インプット」型の活動から脱するためにはどうしたらいいのでしょうか?手軽に取り組めてお勧めなのが、「ランチ会」「食事会」「飲み会」などソフトな雰囲気の会を企画して開催することです。ビジネスライクな公共施設で開催していたいつものミーティングの会場を、おしゃれな雰囲気のカフェに変えてみるだけでも、参加者の表情や発言が生き生きとしてくることがあります。リラックスしながらの飲食や余談・雑談によって、他の参加者の意外な一面や強み、意識していなかった自分の考えに気付き、それが思わぬアイデアや事業計画のアウトプットに結びついていくことも珍しくありません。こうした会によってできあがる人間関係は、「面」作りに欠かせない下地にもなっていくことでしょう。また、会での交流を通じて、「場」に合わない人が外れていったり、「場」に合う人が仲間を連れてきたりと、プラットフォーム内の組織の新進代謝が促されるメリットもあります。